中古車オークションブログのトップヘッダー

「パジェロ」 フロントデザインを一新

Posted on 11.06.11 under パジェロ, 三菱, 中古車オークション

20111021-918030-1-L三菱自動車は20日、フロントデザインを大幅に変更するなど一部改良したオールラウンドSUV「パジェロ」を発売した。

 フロントデザインの精悍(せいかん)な印象を強調。高級感のあるフロントグリルと、空力特性にも配慮したフロントバンパーとし、フロントスキッドプレートもブラックに変更した。また、デザイン性と軽量化を両立した、新デザインの18インチアルミホイールを採用した。

 ボディーカラーは、新色のダイヤモンドブラックマイカを全車に設定するとともに、クールシルバーメタリックとアイガーグレーメタリックを組み合わせた新3ウェイ2トーンを、ロングボディーの「SUPER EXCEED」「EXCEED」グレードに新設した。

 インテリアは、ハイコントラストメーターや、オーディオ・エアコン等のスイッチ類の照明色をアンバーレッド系に変更。スエードファブリック生地のフロント、セカンドシートの柄を、シックで上質なデザインとした。

 価格は260万4000~476万7000円(消費税込み)。

三菱「RVR」に新型エンジン搭載

Posted on 11.06.11 under RVR, 三菱, 中古車オークション

20111021-918197-1-L三菱自動車は20日、コンパクトSUV「RVR」の「M」と「G」のグレードに新型1.8L MIVECエンジンと、国内SUV初となるアイドリングストップ機能「オートストップ&ゴー」を搭載した新型車を発売した。

 エンジンには新開発の可変動弁機構を採用。アイドリングストップ機能とあわせ、燃料消費率(10・15モード)をこれまでに比べ1.8km/L向上させた。

 車両の不安定な動きなどを防ぐASC(アクティブスタビリティコントロール)、傾斜を自動感知して坂道発進をサポートする「ヒルスタートアシスト」を2WD車にも標準装備。シフトポジションを「R」にすると液晶モニターが後方の様子を映して後退や駐車をサポートする「リヤビューモニター付きルームミラー」がオプション設定された。

 「M」「G」の価格は198万5000~246万円(消費税込み)。

三菱 コルト 新色

Posted on 08.06.11 under コルト, 三菱, 中古車オークション

20110727-292654-1-L三菱自動車は27日、コンパクトカー「コルト」、コンパクトワゴン「コルトプラス」に、コンパクトSUV「RVR」で人気のボディー色「カワセミブルーメタリック」を追加して発売した。

 清流に生息する翡翠(カワセミ)の羽根の色をイメージした水色のメタリックカラー。

 価格は「コルト」が125万~198万5000円、「コルトプラス」が140万7000~176万4000円(消費税込み)。

三菱 アイミーブ

Posted on 07.24.11 under アイ, 三菱, 中古車オークション

20110706-902273-1-L三菱自動車は、電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」をエントリーグレード「M」と上級グレード「G」の2グレードとし、「M」を7月25日に発売する。「G」は8月中旬に発売の予定。

 エントリーグレード「M」は、機能・装備を厳選するとともに、総電力量10.5kWhの駆動用バッテリーの採用などで低価格を実現した。JC08モードでの一充電走行距離は120km。

i-MiEV 「G」 従来の「i-MiEV」の仕様に基づく「G」は16.0 kWhバッテリーを搭載し、一充電走行距離は180km。LEDヘッドライト/リヤコンビランプや15インチアルミホイールなどに加えて、新たにカーナビゲーションやシートヒーターを標準装備する。専用のメーカーオプションとして、タイマー充電やプレ空調機能をもつ「MiEVリモートシステム」も設定する。

 車両本体価格は「M」が260万円、「G」が380万円(消費税込み)。

 経済産業省の補助金制度が適用された場合は「M」で72万円、「G」で96万円を上限として補助金交付が受けられる。

三菱 ミニキャブ ミーブ 電気自動車

Posted on 04.17.11 under 三菱, 中古車オークション

20110404-196649-1-L三菱自動車は1日、軽商用電気自動車(EV)「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」の予約受付を開始した。

 軽商用車「ミニキャブバン」をベースにした三菱のEV第2弾。「i-MiEV(アイ・ミーブ)」の開発で得られた技術やノウハウを最大限に活かし、商用車として要求される実用性や走行性能を確保するとともに、信頼性・耐久性やコストパフォーマンスを重視して開発を進めているという。また2010年10月から、ヤマト運輸と実証走行試験車を用いて実用性を確認している。

 顧客のニーズに合わせて選択できるよう、総電力量が異なる2種類の駆動用バッテリーを用意し、JC08モード一充電走行距離が約100kmの10.5kWh仕様と、約150kmの16.0kWh仕様を設定する。

 発売は本年末ごろを予定。価格は、経済産業省の「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助事業」の補助金制度が2010年度と同様に継続されると前提した場合に、顧客の実質的負担額は10.5kWh仕様で約170万円から、16.0kWh仕様で約205万円からとなるよう設定する方針。販売方式は、現行のアイ・ミーブと同様、メンテナンスリースと現金販売を予定しているという。

三菱 RVR 特別仕様

Posted on 12.07.10 under RVR, 三菱, 中古車オークション

20101203-033425-1-L 三菱自動車は2日、コンパクトSUV「RVR」に特別仕様車「1stアニバーサリー・エディション」を設定し、発売した。

 2011年2月にRVR発売1周年を迎えるのを記念したもので、「M」「G」グレードをベースに、ミュージックサーバー機能、携帯音楽プレーヤー接続機能、走行情報や環境情報など各種インフォメーション機能を持つ地上デジチューナー付の7インチワイドディスプレイHDDナビゲーション「MMCS」と、料金履歴の表示など同ナビと連動するビルトインETCユニットを標準装備した。

 このほか、Mグレードでも、Gグレードに標準採用されているオーディオスイッチ付本革ステアリングホイール、本革シフトノブ、前後スライド式アームレスト&コンソールトレイを採用。フルオートエアコンには、MとGいずれでも、温度や風量などの調節ダイヤルの外周部にクロームリングをあしらっている。ボディ色はカワセミブルーメタリック、チタニウムグレーメタリック、ブラックマイカ、ホワイトパールの4色。

 価格は213万8000円から264万4000円。

三菱 アイミーブ 北米仕様

Posted on 11.17.10 under アイ, 三菱, 中古車オークション

20101111-635018-1-L三菱自動車は、11月17日から28日まで米国ロサンゼルスで開催される「ロサンゼルス・オートショー」で、電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」の北米仕様を世界初披露すると発表した。

 今回出品する北米仕様のアイ・ミーブは全長3680mm×全幅1585mm×全高1615mmと、日本仕様に比べそれぞれ285mm、110mm、5mm大きく、大人4人がゆったり乗れる居住空間を確保。

 また、前後バンパーを新作するとともに、乗員の着座位置を検知して展開量を制御するエアバッグシステムや、タイヤ空気圧モニター、横滑り防止装置アクティブ・スタビリティ・コントロールを標準装備する。

 同ショーにはこのほか、今年末から北米市場で本格販売するコンパクト・クロスオーバー「アウトランダー・スポーツ(日本名:RVR)」など北米市場での主力車種を出品する。

三菱 アイミーブ 一部改良

Posted on 11.06.10 under アイ, 三菱, 中古車オークション

20101105-527229-1-L三菱自動車は4日、電気自動車(EV)「i-MiEV(アイ・ミーブ)」を一部改良し、全国の系列販売会社から発売した。

 今回の一部改良では、車両接近通報装置を採用。時速約25km以下の際、通報音を発して歩行者などに自車の接近を知らせる。EVやハイブリッド車は走行音が静かなため、視覚障害者をはじめ歩行者などが危険を感じるという指摘に対応。一部改良モデルでの採用のほか、従来型のアイ・ミーブ向けにもディーラーオプションを11月中旬に発売する。

 加えて、高速走行時におけるモーター音や、ブレーキ負圧電動ポンプの作動音を低減することで静粛性を向上させるとともに、補機用バッテリーの電力消費を抑えるため、パワースイッチ切り忘れ警告ブザー、ACCオートカット機能、ルームランプオートカット機能を追加した。

 充電ケーブルの変更も実施。200V充電については、従来の丸型コンセントに加えてEV充電用の新型屋外コンセント(平型)にも対応できるよう、変換アダプターを新たに標準装備。100V充電については、EV充電用の新型屋外コンセントにも対応した新形状の変換アダプターに変更し、普通充電ガンについても、端子部保護用キャップや盗難・悪戯防止用の鍵付け穴の追加など、デザインを変更している。

 車両本体価格は従来どおり398万円で、上限の114万円の政府補助金が受けられる。

Page 1 of 212